憎しみに勝る愛を。

カナダ5年目の大学生。私のありきたりな日常。

学校へ行こう!: 11/09/2015の移行記事

 

 

こんにちは、のぐともです。

今日はみんなに明るいトピック持ってきました!
 
 
今週は課題が少なかったので金曜日に早めに終わらせて、土日は暇を持て余していまして... 暇すぎて何していいのか逆にちょっと分からなかったんですが、最近ツイッターで話題になっていた学校へ行こう!YouTubeで検索して見たところ、どハマりしました。
 
 
だいたい私が生まれた頃に始まって、小5ぐらいの時に終わっちゃったのかな?? 当時すごい小さかったはずなんですが、未成年の主張だけは覚えてた!コーナー名とかは知利ませんでしたが、そういえば屋上で叫んでるシーン見たことあるなぁ... 程度で。
 
つまり、ほぼほぼどのコーナーも初めて見たんですが…
なんであんなに面白いの!?
昔の番組ってコンプライアンスとかまだ緩かったからなのか、凄いぶっ飛んでますよね。それが面白いんですが (笑) 今の親はちょっとしたことでも下品だ!とか、子供が真似する!って騒ぐみたいだけど、子供達が大きくなったら結局見るわけだからそんなに必死で止めなくてもいいと思うんです。どうせいずれ知ることになるんだし、 教えて、真似して、怒られたとしても、子供がそれを通して学べばいいことなんじゃないかな?って思う私はマイペースなのかな? それとも私が今まだ親じゃないから思うのかしら?
 
 
 
とりあえず学校へ行こう!は最高に面白いですね。
あれを見てたら確かに学校に行きたくなるし、学校の本来あるべき姿が見えた気がしました。もちろん学校は学ぶ場ですが、それはアカデミックなことを学ぶためだけにあるわけじゃないですよね。むしろアカデミックの勉強だけするのであれば学校へ通う必要もない期が気がする... 他人との共存を勉強する場でもあるはずだし、学校って『楽しい』という感情があった上で全てが成り立つと思うんです。この番組はそんな大事なところを引き出してくれているなって思います。
 
 
未成年の主張での告白とかを見ていると、子供ってやっぱり純粋で素直だなって感じました。大人になってしまうとなかなか見られないんじゃないかな?好きすきて泣いちゃうなんて。いいね、子供って。自分の気持ちに正直になって、それだけに一生懸命になれるなんて子供の時にしかできないですよね。
泣かれたいですね!!!!
泣かれるほど好きになられたい!!
泣くほど私も誰かを好きになりたい!!!
 

www.youtube.com

 

ちなみに私が1番ハマったのは東京ラブストーリーのコーナー。
最高すぎますね。
最初はサオリとミホのギャルさにイライラしていましたが、あの2人は何か憎めないものがありますね。むしろ最後は大好きになってる。何か惹かれるものがあります。愛嬌ですかね?ちなみにサオリのツッコミのキレの良さは素晴らしいと思う。
 
なんなんだろうね。途中からやらせ感がすごいんですが、それでも面白いって感じちゃうからすごいです。多分大まかな流れは決まってるけど、実際に彼らがキャラ濃いからなんだろうな〜
 
だぜもマサーシーもツッコミどころ満載で、久しぶりにお腹を抱えてベッドの上を転がりながら笑いました!ほんとにね、未だに笑いすぎて腹筋痛いぐらい笑ったのよ!ハウスメイトに悪いからって笑い声抑えるのに必死でした。
 
 
こちらはマサーシーのおもしろシーン集。

www.youtube.com

 

 

面白いシーンありすぎて選べない (笑)
東京ラブストーリーも最高なんですが、私的には番外編でサオリとミホのための合コン第2弾に出てきた座敷くんがツボです。可愛い顔して、ボリボソと毒舌を吐き、時々照れる... なんだこれってなります (笑)
 
 
 
ほんと面白いのでみんな時間があったら学校へ行こう!東京ラブストーリーを1から見てみてください!他にもおもしろ企画がたくさん!
笑い転げて、悩みとかぶっ飛びます。
 
 
のぐとも