憎しみに勝る愛を

もうすぐカナダ留学6年目。バンクーバーの大学生。

Remembrance Day: 11/11/2015の移行記事

 

 

こんにちは、のぐともです。

 

11月11日。
日本ではポッキーデイですが...
カナダはRemembrance Dayです。
 
 
 
Remembrance Day
第一次世界大戦で亡くなった兵隊さんたちを追悼する日。
カナダの地域にもよるみたいですが、バンクーバーはこの日は祝日で全ての学校が休みです。日本語で言うと休戦記念日?
 
ちなみにRemembrance Dayのシンボルはポピー。
11月に入るとたくさんの人がジャケットの胸のところに赤いポピーを付けています。

f:id:nogutomocanada:20170422090033j:plain

画像引用元: 2015 Remembrance Day ceremony in Ottawa | Globalnews.ca

 

 

昔実際にいたカナダの軍人、John McCreaが亡くなった軍人たちの言葉を代弁して作った詩に基づいて、ポピーがシンボルになったと言われています。この詩はカナダの全国民が学校で絶対に習う大切なものです。ちなみに私も習いました。
 
 
In Flanders Fields
 
In Flanders fields the poppies blow
Between the crosses, row on row,
That mark our place; and in the sky
The larks, still bravely singing, fly
Scarce heard amid the guns below.
We are the Dead, Short days ago
We lived, felt dawn, saw sunset glow.
Loved, and were loved, and now we lie
In Flanders fields.
Take up our quarrel with the foe:
To you from failing hands we throw
The tourch; be yours to hold it high.
If ye break faith with us who die
We shall not sleep, through poppies grow
In Flanders fields.
 
ー John McCrae
 
クラスで簡単に言いたいことを現代語でまとめました。
 
Keep doing our fight and finish it. 
Get a victory for us. I'll leave it to you. Don't give up. 
If you give and betray us, we cannot rest in peace.
 
"僕らの戦いを続けて、終わらせてくれ。
勝ってくれ。君たちにあとは任せる。
諦めるな。
もし君たちが諦めるなんて僕らを裏切ることがあるとすれば、
僕たちは安心して眠ることができない"
 
 
英語ですがこのサイトが詳しくまとめてくれています。

In Flanders Fields – John McCraemovehimintothesun.wordpress.com

 

この詩の軍人さんたちの戦い想いを受け継ぐことは出来ず、終わらせてしまいましたね。でも結局、終わってよかったんです。実際に戦って亡くなった軍人さんたちからしたら、ここまで戦って終わらせるなんて!って思うかもしれないけれど、今の私たちが平和に過ごせているのは戦争が終わったおかげ。 きっと彼らも戦争が終わったという事実を受け止め、安らかに眠ってくれていることでしょう。だって、戦う必要がないに越したことはないもんね。
 
聞いたところによるとRemembrance Dayには必ず雨が降るというジンクスがあったらしいのですが、2015年はそんなジンクスを塗り替えました!晴れました!私が思うにジンクスというか、ただ単にバンクーバーがレインクーバーだから雨が高確率で降るだけなんじゃないのかな、と思ったんですが… (笑)
 
ノースバンに住んでる友達から送られてきた夕日が綺麗すぎて感動しましたよー!

f:id:nogutomocanada:20170422091655j:plain

 

RIP Canadian Soldiers. 
 
 
 
のぐとも