憎しみに勝る愛を。

カナダ5年目の大学生。私のありきたりな日常。

国際結婚: 01/02/2016の移行記事

 

 

こんにちは、のぐともです。

 

なななんとっ!!!!
この度、語学学校時代の日本人のお友達がカナディアンの男性と結婚しました!
 

f:id:nogutomocanada:20170423115149j:plain

画像引用元: https://supernaturalgospel.wordpress.com/2013/01/26/engaged-or-married/

 

 

 

私は実は2回語学学校に通っていたんです。

最初カナダ来てから高校行くまでの4ヶ月間と、G10の夏休みの1ヶ月ほど。2回目は夏休みにやることがなかったということで同じ語学学校にまた行くことになったのですが、2回目の時はほとんど知り合いなんていなくて。正直1人若かったこともあって孤立してたんです。

 
でも、今回結婚したこのお姉さんだけがフレンドリーに話しかけてくれたんです。だけど当時お姉さんは全く英語が話せなくて、私は歳下だったけどよく英語の文法を教えたりしてました。ですがこの度、そんなお姉さんが国際結婚…!
しっかりと時間は過ぎてるんだなぁと実感しました。きっとお姉さんは今では英語ペラペラで、もう私が教えることなんてきっと何もないんだろうな
 
よく留学したってペラペラにならない!なんて言う人もいるけど、そりゃあ留学しても日本人とずっとつるんでたら英語は上達しないと思います。そもそもそういう人たちは英語が上達しない〜って愚痴をこぼすほど全力で英語に向き合ったんでしょうか...?
 
まあ、何を伝えたかったかというと...
英語は話せるようになるんです。
だけどそれは、話したい!って思って一生懸命話そうとするからだと思うんです。
 
女の子の方が男の子より英語の吸収が早いのはたぶん女の子の方が話すことが好きだから。たっくさん話したい、伝えたいから、英語が上達するんだとおもう。実際私もSkylerに自分の思い出話とか恋バナとか話したくて頑張ってるうちに、自然に英語が伸びていました。外人の彼氏を作れば英語が上達するっていうのも同じ理由で、自分の思ってることを伝えたいから英語が上達するんだと思います。
 
 

f:id:nogutomocanada:20170423120927j:plain

 
 
つまり英語を伸ばしたいなら、話したい!って思うことが大事だと思うし、話したい!って思わせてくれる友達や彼氏彼女を見つけることが1番の鍵かなって思っています。

 
そういえば、付き合うなら何人がいい?とかよく聞かれるんですが、正直私はナショナリティとか全く気にしないです。どの国の人も違った良さがあるし、国で決まるってよりか結局は人によると思いますし、もはや私なんかのことを好きになって下さる方がいれば誰であろうととてつもなくありがたい!彼氏が欲しいなんて贅沢なことは相当血迷ってる時か話すことなくなった時にしか言わないけど、その人のことを想って泣けるぐらい好きになれる人に出逢えたらいいなぁ、と思ってます。
泣いたり苦しんだりする恋愛をしてみたい。
そっちの方が本物って感じがするというか…
辛いからこそ愛がある感じがします私的に。
 
 
 
私は長女だし、弟は自閉症だし、お母さんが忙しいってことは小さい時からきっと気付いてて、無意識になんでも1人で出来るって思い込む習慣があるせいで誰かを頼るって感覚が正直あんまりわからなくて、今まで付き合った人たちにもよく、もっと頼って?とか甘えて?とか言われがちだったんですが、基本何でもかんでも"迷惑だろう"とか、"1人で出来る"とか、"我慢すればいいやー"なんて強がちゃって恋愛は失敗してきてるので、今度好きになる人にはちょっとわがまま言えるぐらい頼りたいな、と思います。
 
その人のことを想って、笑って、泣いて、苦しんで、たくさん考えたい。それだけ頭がいっぱいになるぐらい誰かを好きになってみたいですね。

f:id:nogutomocanada:20170423122910j:plain

 画像引用元: http://charellstar.com/5-things-make-happier-today/
 
 
それにしても本当にハッピーな話でした。
彼女に優しくしてもらったことは絶対に忘れません!
もし向こうが忘れていてもね (笑)

のぐとも