読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

憎しみに勝る愛を。

カナダ5年目の大学生。私のありきたりで幸せな日常。

Controversial: 03/14/2016の移行記事

 

こんにちは、のぐともです。

 

今日はEducationクラスで、とてもおもしろいディスカッションをしました。その元となった心理テスト的なものを紹介したいと思います。心理学会ではかなり有名なものみたいです。
 
FIRST STEP: JUST READ THIS STORY
まずはこのストーリーを読んでください。
写真の下に私の和訳ver.も載せておきます。

f:id:nogutomocanada:20170429080209j:plain

 

和訳ver.
昔々あるところに大きな川を挟んだ2つの小さな街と、その街をつなぐ橋がありました。それぞれの街にはアビゲイルとレシルという恋人同士が住んでいました。2人はとても愛し合っていて、いつもお互いに橋を行き来しあっていましたがある年、大変なことが起こりました。連日の豪雨の影響で橋が流されてしまったのです。2つの街はとても貧しく、橋を修理するにはとても時間がかかってしまいます。アビゲイルとレシルは離れ離れになってしまったことをとても悲しみました。そしてある日とうとうアビゲイルは川を渡る方法を探すことにしました。
アビゲイルはレシルに会うために、と決意したのです。そしてアビゲイルは船乗りのパットに出会います。これは川を渡ることのできる絶好のチャンスで、アビゲイルにとって願ってもない幸運でした。アビゲイルは事情をパットに説明し、船を出してくれないか、と尋ねましたがパットは少し考えてこう答えました。「もちろん。君に川を渡らせてあげるなんて、おやすい御用だよ。でもその見返りとしてまず私と一緒に寝てもらうよ」
どうしてそんなことをパットは言ってくるのでしょう?アビゲイルはとても驚き、すぐさまその場を後にしました。「パットは私をどんな人だと思ってるのかしら?」アビゲイルは信じられませんでした。
パットに「それはできない」と告げた後、アビゲイルは街を歩きながらどうするべきか考えました。そして古い友達のモルガンの元へ行き、パットとの間に起きたことを全て話しました。アビゲイルの苛立ちは治りませんでしたが、モルガンはアビゲイルの話を止め、こう言いました。「アビゲイル。私にとって君とパットは2人とも友達で、長い間知っていている。その2人の間には立ちたくないんだ」全ての選択肢がなくなり落胆したアビゲイルは結局パットの元へ戻ることを決め、その夜パットと一夜を過ごしました。そして次の日の朝、パットは約束通りアビゲイルを川の向こうまで連れて行ってくれました。
川を渡りきったアビゲイルはレシルを見つけました。何時間か2人で楽しく過ごした後、アビゲイルはいたたまれない気持ちになり、ここまで来るのに何があったかを全てレシルに話しました。それを聞いたレシルは激怒し「なんだって!?君がそんなことをしたなんて…パットと寝たなんて信じられないよ!これっきりだ!もうこれで終わりだ!この尻軽女!」と、アビゲイルを叩き「今までのことは忘れよう。私の人生から出て行け!」と言ってさっていきました。
ひどく取り乱したアビゲイルが彷徨っていたところ、昔の友達のスラッグに会いました。アビゲイルは泣き崩れ、何があったのかを説明しました。実のところスラッグはレシルのこのがずっと嫌いでした。スラッグはアビゲイルの話が終わるとレシルを見つけ出しコテンパンに殴りました。そしてストーリーはアビゲイルとスラッグが手を繋ぎながら夕陽の中を歩いていくところで終わります。
 
読み終わりましたね?
それでは!
 
 
SECOND STEP: AFTER READING THE STORY, RANK ALL CHARACTERS IN THE STORY ACCORDING TO 1 TO 5. (1 means least objectionable and 5 means most objectionable. Btw, you are only allowed to put one character for each place)
トーリーを読んだ上で5人のキャラクターを1から5でランク付けしてみて下さい。1はそんなにムカつかない。5は1番ムカつく、不愉快。ちなみに1つのキャラに1つのナンバーです。

f:id:nogutomocanada:20170429080923j:plain

 

 

ランク付けしましたか?
出来たらこれを何人かでやって、答えを照らし合わせてみてほしいです。
これ、見事に答えが人それぞれ違うんです
トーリーの中ではアビゲイル以外の性別ははっきりとは示されていません。性別どころか実はほとんどのことが謎に包まれてるんですね。そして、このストーリーをどんな視点から読むかによっても答えはまた違ってきます。
 
例えば私の場合はこんな感じ↓

f:id:nogutomocanada:20170429081144j:plain

 
 
クラスメイトと答えを見比べてみてびっくり!私にとって1番不愉快だったキャラクターのレシルを、1番マシなキャラクターとしてランク付けしてた時は驚いて逆に笑ってしまいました。最終的にクラス全体でのディスカッションが始まったんですが、感じ方も何を重視するべきなのかも人それぞれなんですよね。みんなそれぞれの考えがあって、視点を少し変えるだけでもまた違ってくる。
 
私の場合は普通に女性の視点から考えたもので、私の議論としては...
*アビゲイルを叩いたレシルはかなりマイナス。パットに身体を差し出してでもレシルに会いたかったっていうアビゲイルの気持ちをもう少し汲み取ってもいいと思うし、叩いたり暴言を吐いたりする前に"ちょっと考える時間がほしい"とか、もう少しアビゲイルのことを考えてあげてもいいと思います。そりゃあ怒るのは当然だけど、私からしたら絶対消したいぐらいの過去なのに包み隠さず全てを言ったアビゲイルは偉いと思うし、自分を犠牲にするぐらいレシルを愛してたわけであって、それがアビゲイルの愛し方なんだろうな、と感じました。だからそんだけ愛されてるにも関わらず、今まで愛し合ってきた人の良いところを全て忘れて、簡単に尻軽女呼ばわり出来るレシルって最低なんじゃ?と思いました。
 
ところがどっこーい!
レシルを1にしてるクラスメイトがちらほら。
1の人の議論としては...
*レシルはアビゲイルを愛していたからこそパットとのことに怒ったわけであって、怒るのは当たり前のこと。”アビゲイルを叩いたから最低だ”と言うのであれば、男女逆ならどうなのか?レシルがアビゲイルを叩いたから問題なのか、それが男が女を叩いたから問題なのか。逆に女のアビゲイルがレシルを叩いていたらそれを批難するとは思えない。それに例えそれが愛しているからであっても、自分を信じてくれている人を裏切ってまで身体を許すことは絶対にしてはいけないこと。
 
うーん。なるほど。これが一理あるんですよね。だけど自分の考えはあんまり変わらなかったです。 パットを5の最低男に入れてる人はとても多かった!私は正直パットはそんなに悪くないと思ッタンですが、ランク付けしてみたら空いてるスペースってことで4に入れちゃいました。パットに関して大多数の意見は…
*見返りに身体を差し出せなんて男として最低だし、女を自分より下に見ているとしか考えられない。パットがそんなこと言わなければアビゲイルもレシルも悲しい思いをすることはなかった。二人が別れることはなかった。
とのこと。
 
私はパットを4にしたにも関わらず割とパットにそんなに悪い気はしません。
*パットは身体を差し出せば... と条件を示しただけであって、最初からむりやりしたわけではないし、結局はアビゲイルの意思なので100%パットのせいだと一概には言えない。それにもしかしたら文章から読み取れないだけで、パットは冗談めいて言っていた可能性だってあるし、まずパットが男であるってことはストーリーには書かれていない。
 
 
そして意外にも意見が割れたのがモルガン!
半分の人はモルガンを1、他の人はモルガンは1ではないんじゃないか、と…
*モルガンはアビゲイルが困っているにも関わらず助けようとしなかった。自分の友達との立ち位置を気にしているだけ。友達の間に挟まれるのが嫌だったとしてもアドバイスぐらいあげられることはできる。モルガンはアビゲイルを見捨てた。
などなど。
 
私からしたら…
*モルガンにとってアビゲイルはその程度の友達だっただけかもしれないし、2人とも友達だからこそアビゲイルの口からパットの悪口を聞きたくなかったのかもしれない。
 
そんな中、特に誰ももめることがなかったのはスラッグについてでした。
私からすると、
*自分が今までレシルのこと嫌いだったけど殴る理由がなかっただけで、アビゲイルの一件で殴る理由を作ることができた。つまり、ただアビゲイルを利用しただけなのでは?スラッグがレシルを殴る必要はそもそもなかった。それに殴る他にも方法はあったはず。ただ自分の欲求を満たすためのアビゲイルだったとしか私には思えない
 
 
こんな感じでディスカッションしましたが、視点によって感じ方も変わるという基礎的なことを改めて知るいい機会でした。例えば女性視点、男性視点、子供視点、親視点、教育者視点、友達視点…きっとレシルのアビゲイルに対する対応も男の人だったら同感する部分も多いだろうし、教育者、親視点だったらどんなに嫌な状況でも暴力で解決するのはどうかと思うって意見が多いだろうし。感じ方は人それぞれです。

さらにこのストーリーのトリッキーなところはインフォメーションの少なさだと思います。実際ストーリーの中で性別が明らかになっているのはアビゲイルだけだし。性別、年齢、見た目、社会的ポジション、アビゲイルが必死でレシルに会う方法を探してる間にレシルは何をしていたか、とかアビゲイルとモルガンはどれだけの間友達なのか、とか他にもっと情報があればきっともっも考え方もまた変わってきます。だってもしアビゲイルが15歳で、パットが50歳とかだったら問題大アリでしょう?
 
つまり先入観や偏見、さらに差別というのは情報の少なさから生まれるのではないでしょうか?情報=知識。こういったネガティブな状況を避けるためにも、”自分はまだ何も知らないのだ”と常にいろんなことを学び、吸収しようとする姿勢が大事な気がします。
 
今回のディスカッションを通して、こうやって色んな人のアイディアを聞き、吸収していくことで自分の考えの幅も広がるし、視野も広がると思いました。
みんな違ってみんないい。
ほんと金子みすゞさんの言うとおり。
このストーリーのキャラクターの解釈だって、これが正しいんだ!って答えなんか一つもなく、みんなの意見全部が正しいんです。間違ってる考えなんて一つもない。時には妥協とか譲り合いも大事だけど、ずっとそればかりしてるときっと自分の意見がそのうち無くなっちゃう気がします。まずは自分の意見を自信を持って言える環境が大事ですね。
 
 
長くなってしまいましたが、もし自分の考えを否定されたからって間違ってるとは思わないでください。間違ってるわけではなく、たまたまその時に周りの人が自分よりいいアイディアを持っていただけのこと。そのいいアイディアから良いところを吸収し、それを次に活かせば問題ないと思います!
 
私にも言えることですが、自分に自信をもちましょう。それが全ての一歩に繋がるし、自分自身の魅力になると信じています。
 
 
のぐとも