バンクーバー高校大学留学日記。

カナダに留学してから早6年。ウエストバンクーバーの高校を卒業後、今も変わらずバンクーバー内で大学生をやっています。

幼児教育実習

 

こんにちは、のぐともです。

 

無事に昨日で1ヶ月の教育実習を終わることができました。実習先の先生からも大学先の先生からも仕事ぶりや課題をべた褒めしていただけたので、少し自身に繋がった気がします!まだあと二つ違う実習が残っているのですが、そちらも気を抜かずに頑張りたいと思います。

 

私が1ヶ月間お世話になったのはこちらのプレスクール。

Vancouver Child Study Centre

www.vancouverchildstudycentre.ca

こちらは私が以前お話ししたこともあるReggio Emilia Approach (レッジョエミリア教育方針) をベースとした、UBCとキツラノの間らへんに位置しているプレスクールです。

*プレスクールという言葉にピンと来ない方も多いかと思いますが、日本で言う幼稚園みたいなものです。

 

私のこの実習先は月曜日から木曜日までは Preschool Program なので3歳〜5歳までの子供が在籍していますが、金曜日は Anchor Program なので2歳の子たちがメインとなっています。ちなみにこのAnchor Programは親御さんとペダゴジスタ(教育専門家)、さらに専属のカメラマンが常にいて、クラス内での子供達の様子をカメラマンがビデオで撮影しながらライブ映像として親御さん方は別室でペダゴジスタとモニタリングする形です。ちなみに私はどちらのプログラムでも実習をさせてもらってました。

 

 

Reggio Emilia Approach (レッジョエミリア教育方針) をベースとしていることもあって事前に組まれたカリキュラムなどは全くありません。子供達を観察し、「彼らが何に興味を持っているのか」を注意深く探ります。その関心や興味をさらに伸ばしたり、追求させてあげるためにどうすれば良いのか、を話し合い、それらに基づいてクラスルームやマテリアルのセッティングが変わってきます。レッジョはアートに特にフォーカスを置いているので、セッティングが変わっていくとはいえ、教室には常に子供達drawing or paintingができる状態になっています。

 

先週のクラスルームはこんな感じでした。

f:id:nogutomocanada:20180617071514j:plain

f:id:nogutomocanada:20180617071522j:plain

f:id:nogutomocanada:20180617071529j:plain

f:id:nogutomocanada:20180617071538j:plain

f:id:nogutomocanada:20180617071546j:plain

 

レッジョの教育方針に基づいた幼稚園だと基本は「洋服や顔が汚れていて当たり前」という感じなので、そういったことが嫌な親御さんは避けたほうがいいのかもしれないです。私的に子供にはレッジョが一番ベストだと思いますけどね!

 

ちなみに実習ラストということでサプライズで子供達の集合写真と彼らの絵、そして先生たちからのメッセージ付きのミニブックをもらいました!!

f:id:nogutomocanada:20180617073550j:plain

f:id:nogutomocanada:20180617073554j:plain

 

 

先生たちがわざわざ子供達のセリフを文字にしてそれぞれの絵の裏に書き残してくれていて、それを見た瞬間ほんとに泣きそうでした...

f:id:nogutomocanada:20180617073717j:plain

f:id:nogutomocanada:20180617073724j:plain

f:id:nogutomocanada:20180617073737j:plain

 

そして先生たちからのメッセージも嬉しいものばかり!

f:id:nogutomocanada:20180617073839j:plain

f:id:nogutomocanada:20180617073854j:plain

f:id:nogutomocanada:20180617073915j:plain

 

 

最初は、かなり家から遠い実習先ということもあって不安しかなかったんですが、今では本当にこのセンターでよかった、と心から思います。

次の実習もここでできることを願います。

 

また近いうちにレッジョについてもっと詳しくまとめていきたいと思うので、興味がある方はそちらを見てみてください。

 

のぐとも