バンクーバー留学日記。

カナダに留学してから早6年。ウエストバンクーバーの高校を卒業後、今も変わらずバンクーバー内で大学生をやっています。

帰国子女の日本語力

 

かなりご無沙汰してます、のぐともです。

夏休みに日本に一時帰国したり帰ってきたり、色々とバタバタしていてブログのことをすっかり忘れていました...

 

ちなみにバンクーバーはかなり肌寒くなってきました。

街は秋色に包まれてます。

f:id:nogutomocanada:20181004054041j:plain

 

 

無事に日本での夏休みを終えてカナダに戻ってきたわけですが、実習が始まる日が変わったので特にやることもなく毎日ダラダラと過ごしている私です...笑

しかしあまりにもダラダラしすぎて自分でも酷すぎる、と思ったので一応やることを探しました!それが漢字検定です (笑) かなり唐突。

 

そもそも漢検の勉強をしようと思ったのは単純に検定を受けようと思ったからではないんですね。夏休みに日本に帰国した際に日本人の高校メンバーと再会したんですが、あまりにも私が漢字が読めなかったり日本語が変だったりしてすごく馬鹿にされたんです (笑) そのメンバーの中でも私が一番カナダにいる歴としては長いんですが、それにしてもあまりにも酷すぎて一日中ずっとからかわれてました...

 

これでも一応高校時代、日本人メンバーの中では割としっかりしたお姉さんタイプでしたし、中3の頃には漢検だって準2級を持ってました。それが今では後輩に「高校の時よりいじりやすくなった」だの「馬鹿になった?笑」とからかわれ、母親には「日本語がおかしい」と言われるように... 悲しいですが、現実です。

 

そんなこともあり、今の自分の漢字力や日本語力を測るためにもオンラインでサンプルとして出ていた漢検3級の問題を解いてみることにしました!

 

結果。(字が汚くて申し訳ないですが)

f:id:nogutomocanada:20181004055236j:plain

 

145/200ということで超ギリギリ合格ラインには達しました。

(140が合格点だったはず)

 

それにしても自分の漢字力の無さに驚きました。

昔から国語が一番の得意科目で漢字にはかなりの自信があったんですが... 中3レベルと言われている漢検3級にギリギリ合格とはなんともお恥ずかしい話です。

これでも私もうすぐ22歳なんですよ。

 

たかがカナダに6年留学していただけでこんなにも漢字力が落ちます。私的に、漢字の読みや部首、熟語の構成についての問題はあまり難しく感じなかったのですが、漢字の書き取りが一番の難所でした... 問題を読んで、きちんと意味も分かっているしなんとなく漢字シルエットも頭の中に浮かんではいるんですが、書けない!!!!

そう、書けないのです!!!!!!わかっているのに!(言い訳)

 

一応留学しているとはいえ、日本人との交流する機会はそれなりにありましたし、SNSでは割と頻繁に日本語を目にしている方なので、日本語を話す時に言葉に詰まったりだとかこうやってブログを書く時に日本語に迷うことはないんですが、 基本的に何も見ずに漢字を書け、と言われると書けないんですね...

 

そして漢字以外のことでいうと、日本語と英語では文法が違うからか、よく日本語を話している時に主語が抜けがちと言われることが多々あります。他には、日常的な日本語を話している時に日本語が出てこないなんてことはあまりないんですが、英語で習った物を日本語で説明する時にはかなり言葉に詰まります。

 

一応6年も留学をしているからか、英語が自然と聞こえるようになり日本語にわざわざ訳すことはしなくなりました。その代わり、英語で習ったことを日本語に訳したり日本語で説明して、と言われると何もできなくなってしまうのです。英語を集中して聞いてるわけではなく、自然と頭の中に入ってきてるので自分の中では割と流し聞きしながらニュアンスだけ汲み取って理解しているのですが「日本語に訳して」などと言われると突然になんの話をしていたかわからなくなったり、日本語の代わりに英語が出てきちゃったり、直訳しかできなかったりします。結果、変な日本語になったり。

逆に日本語から英語に訳すのはすぐにできるのですが...

 

そして「本当に英語できるの?」みたいな顔をされます。

そんな人たちに言っておきたい... 私は通訳ではないので瞬時に頭を切り替えて綺麗な日本語に訳したりなんてできません、ということを。だからいつも同時通訳ができる人ってすごいな〜なんて思ってます。

 

言ってることがよくわからなくなってましたが...

帰国子女は日本語ができないおばか扱いをよくされますが、ある程度の時間をいただければきっとちゃんとした日本語を話せるし、漢字も読める!...はず。決してボケてるわけではなく、こっちは普通に本気なのです!

ということで、どうか帰国子女を暖かい心で見守ってください。 (笑)

 

そもそもたかが6年留学で自分を帰国子女と言っていいものなのか謎です。

 

でも漢字が読めなくなってきてるのは事実... これからは漢字の勉強もきちんとやっていきたいと思います。

 

のぐとも

のぐとも (@greentea_land) | Twitter