バンクーバー高校大学留学日記。

カナダに留学してから早6年。ウエストバンクーバーの高校を卒業後、今も変わらずバンクーバー内で大学生をやっています。

MSP: BC州の保険制度

 

こんにちは、のぐともです。

前回の記事ではカナダのクリニックのシステムをご紹介したので今回はそのシステムの元にあるBC州の保険制度について少し話したいと思います!

 

MSP (Medical Service Plan)

他の州についてはよく分かりませんが、BC州の公的保険はMSP (Medical Service Plan) と言い、BC州に住んでいる市民権や永住権を持った方は必ず入らなければいけないものです。でも実はこれ、留学生やワーホリの方も条件によっては加入できるのです!

 

条件 For 留学生

1. ビザが6ヶ月以上。

2. BC州に滞在の時間も6ヶ月以上。 

 

基本、高校留学している方は School District 側が管理してくれていて、高校に入学する前の書類の準備の中に含まれているので、特別自分で何かをする必要はないと思います。高校の時に自分で保険料を払った記憶がないので、入学時にまとめて授業料と一緒に3年分の保険料を支払っていたんだと思います。

 

大学留学の方は、大学に入ってすぐの Internatoinal Students 用のオリエンテーションでMSPについての説明とともに、その場で申請書への記入が求められるはずです。その紙に記入してその場で担当者に渡せばあとは学校側が全員分をまとめて提出してくれるので、家にカードが届くのを待つだけです。ただし、毎月の保険料のお支払いはオンラインで自分で行います。お支払い催促の手紙も家に届くはずなので、その用紙に書いてあるアカウントナンバーと金額を入力後、支払い方法を選択して完了となります。

*ちなみにお支払いはこの政府のサイトからになります

Small Business and Revenue - Make a Payment

 

条件 For ワーホリ

ワーホリの方は条件が一つだけ留学生と違うみたいです。

1.ビザが6ヶ月以上。

2. BC州に滞在の時間も6ヶ月以上。 

3. 最低でも 18h/week 以上働くこと。

 

留学生と違って学校側がやってくれるわけではないので全て自分で申請することになります。こちらは申請する際に雇用主からの手紙/契約時の契約書とBC州からの出発日の証明が必要のようです。

*詳しくはこちらを

https://www2.gov.bc.ca/gov/content/health/health-drug-coverage/msp/bc-residents/eligibility-and-enrolment/are-you-eligible/working-holiday-programs

 

ベネフィット

では、加入しているとどんなベネフィットがあるのか?

MSPに加入するとMSP card (つまり保険証のようなもの) がもらえるのですが、これを持っていると現地のウォークインクリニックで無料で診察を受けることができます。

*ただし薬代や歯科治療は別途です。

 

保険料

みなさん気になるのはもちろんその保険料ですよね。

これは個人で支払っている場合なんですが、今まで $75/month だった保険料がなんと今年から $35/month に値下がりしました! 1年分をまとめて支払うこともできますし、毎月ずつのお支払いもできるので自分の好きなようにオンラインでお支払いすることになります。

 

*ちなみに年収によっても変わってくるみたいですので、私の言っていることを100真に受けず、一度政府のサイトをご自身で確認していただくことをお勧めします。

https://www2.gov.bc.ca/gov/content/health/health-drug-coverage/msp/bc-residents/premiums

 

 

もっと詳しく知りたい方はこちらのサイトを見てみてください。

日本語で丁寧にわかりやすく説明してくださってます!

 

lifevancouver.jp

 

私の口で説明できる範囲はお話できたと思いますので…

ぜひご自身でも調べてみてくださいね!

その方が確実かと思われます (笑)

 

のぐとも